政治家

菅義偉首相の長男はドラ息子?実弟は自己破産後にJR企業の役員?

こんにちは!たんぽぽです。

2021年2月4日発売の週刊文春で
菅義偉首相の長男正剛さんが
高級官僚を違法に接待したことが明らかになりました。

菅義偉首相の長男である、正剛さんは
知る人ぞ知る有名なドラ息子だという噂が…

なんと、菅義偉首相実の弟秀介さんは
事業に失敗し自己破産したあと
JR企業の役員になっていたと言います!

ちょっと、身内に甘すぎませんかね?
気になったので、調べてみました。

今回の記事は
菅義偉首相の長男はドラ息子?実弟は自己破産後にJR企業の役員?
という内容でまとめています。

菅義偉首相の長男はドラ息子?

菅義偉首相には3人の息子さんがいらっしゃるそうです。

長男の正剛(せいごう)さんは
1981年生まれの、39歳だと思われます(20201年2月現在)

菅義偉首相は週刊誌のインタビューにこう答えています。

「子どもには厳しかったですよ。
いつも言っていたのは「中学高校では運動部に入れ」ということ。
長男は柔道、次男はサッカー、3番目はバスケットをやりました。」

長男の正剛さんは学生時代、柔道をなさっていたようです。

同じくインタビューで長男の大学について「明治学院」と答えていますので
これは、間違いありません。

明治学院大学偏差値は52.5 – 62.5

正剛さんは、バンド活動に熱心に取り組み
一時期はミュージシャンとしてプロを目指していたとのこと。

「キマグレン」のメンバーとバンドを組んで活動していたものの
メンバーの一人が体調を崩し諦めたようです。

その頃、菅義偉首相
総務大臣として初入閣を果たします。

そして、当時、バンド活動を辞めて
プラプラしていた長男総務大臣秘書官に任命したのです。

当時、長男正剛さんは25歳。

この大臣秘書官という仕事は
官僚から選ばれる事務方の秘書官や
国会議員の政策秘書などとは違い、公的な試験はなく

大臣の申し出によって、首相が任命するもので
過去の経歴は問われず、親族でも可能なようです。

菅義偉首相は、世襲の政治家に批判的な考えだったので
息子に跡を継がせるつもりはなかったようですが…

もしも、息子にそのつもりがあれば
政治家になっていた可能性もあります。

というか…
まだ、息子さんは3人共若いので
今後、政治の道に進まれる可能性はあるのでは?

実際に、長男の正剛さんは政治の世界に興味がなく
民間企業に転職。

秘書を務めていたのは2006年9月~2007年7月の1年弱だったようです。

長男正剛さんの現在の勤務先

菅義偉首相の長男正剛さんの勤務先については
はっきりしていないのですが

東北新社同姓同名の方がいらっしゃることが分かっています。

東北新社は映像ソフトの製作・配給事業を行っている会社で
創業者の植村伴次郎(現最高顧問)は
秋田県由利郡東滝沢村(後の由利町、現・由利本荘市)の出身です。

菅義偉首相出身地秋田県湯沢市ですが…

これは、偶然の一致でしょうか?

もう、ひとつの説によると
長男の正剛さんの現在の勤務先
大手広告代理店だという噂もあります。

大手広告代理店といって
すぐに思い浮かぶのは…

電通、博報堂ですね…

電通に関しては
政府との繋がりも深い企業ですから
その繋がりを利用すれば、入社できるのかもしれませんね!

週刊文春が報じたところによると
接待を受けたのは、今夏の総務事務次官就任が確実視されている谷脇康彦総務審議官
吉田眞人総務審議官(国際担当)、
衛星放送等の許認可にかかわる情報流通行政局秋本芳徳局長、
その部下で同局官房審議官の湯本博信氏の計4名だそうです。

「衛星放送等の許認可にかかわる」とありますから…

長男、正剛さんの勤務先は東北新社である可能性が高いですね!

いまのところ、確実な情報が得られていませんので
分かり次第、追記したいと思います。

菅義偉首相には、他にも2人の息子さんがいらっしゃいますが
次男は東大卒業で、現在は大商社の三井物産に勤務。

三男は法制大学卒で大手ゼネコン、大成建設に勤務。

沖縄辺野古基地の移設工事に、大成建設が関わっているため
菅義偉首相の三男が政府とのパイプ役なのでは?
という噂もあります。

なんだか。。

きな臭い話しばかりですね!

実弟は自己破産後にJR企業の役員?

菅義偉首相の周りは、話題に事欠きませんね!

菅首相には三歳下のがいて、
つい最近までJRグループ企業重役をつとめていたというのです。

秋田県湯沢市生まれの菅首相には、2人の姉と弟がいて
姉たちは北海道教育大学を卒業し高校教師になっています。

弟さんは、1951年5月生まれの69歳で菅秀介(ひですけ)さん。

湯沢高校から70年4月に慶應大学商学部に進んでいます。

3歳上の菅首相は、
高校卒業から2年後の69年に法政大学法学部に入っているので、
ともに東京で大学生活を送っていることになります。

74年に大学を卒業し、
繊維商社「グンゼ産業」に入社した弟、秀介さん。

1989年1月、菓子屋「ヒデ製菓」を起業。

ヒデ製菓は創業直後から東京駅構内キヨスクを借りて
自前の菓子販売を行っていたそうです。

当時の店舗は、八重洲中央改札近くの一等地。

キヨスクはJRが展開している売店ですから
東京駅に出店するにあたり
菅首相の口利きがあったと思われても無理はないですね…

ヒデ製菓は1日の売り上げが100万円を超えることもあったようですが
結局、事業はうまく行かず
2002年10月、ヒデ製菓と秀介氏個人は東京地裁から破産を宣告されています。

秀介さんは、その後半年ほど病院で介護職を務めていましたが
JR東日本子会社である千葉ステーションビル
営業部付きの部長として入社。

なんと、2010年には取締役にも就任!
2017年まで務めたとのこと。

千葉ステーションビル
海浜幕張、津田沼、西船橋など10の駅ビルを運営していて
年間400億円近くを売り上げる優良企業です。

千葉ステーションビルに入社した当時、
秀介さん50歳を超えていました。

菅首相小此木彦三郎元通産相の秘書だった時代から
JR東日本(当初は国鉄)との関係を深め、
2020年5月に亡くなった松田昌士元会長をはじめ
歴代の社長からバックアップを受けてきたそうです。

菅首相は就任後、
多忙を極める中、JR東日本グループの職域団体
「東日本ときわ会」の幹部会に2度も出席し挨拶をしています。

これだけ親密な繋がりがあるのですから
弟さんが50歳過ぎていてもJR企業の役員になれるわけですよね~

まとめ

今回は、
菅義偉首相の長男はドラ息子?実弟は自己破産後にJR企業の役員?
という内容でまとめてみました。

今後も何か展開がありましたら
また追記したいと思います。

最後までご覧頂きありがとうございました。