未分類

長崎県諫早市の葬儀場お勧めはココ!低価格で安心の【ひらまつ斎場】

こんにちは!

今回は、長崎県諫早市のお勧め葬儀場【ひらまつ斎場】をご紹介します。

私は仕事の関係で、長崎県内外を問わず
いろいろな斎場、葬儀場に出入りしています。

葬儀は
あなたの大切な人の「人生の卒業式」です。

やり直しは出来ないし、後悔もしたくない!

自分の身内に不幸があった時
ここなら、安心して葬儀を依頼できると感じました。

葬儀は地域性が強いので
長崎県諫早市に限定していますが
比較的、隣の大村市にも近い場所にあり
大村市在住の方の葬儀依頼もあるようです。

私は大村市出身で、親戚や身内も多いので
もしもの時には【ひらまつ斎場】に葬儀を依頼しようと決めています。

他の場所でも、ここは!と感じる斎場があれば
その都度、ご紹介したいと思っています。

ひらまつ斎場

運営会社:有限会社 平松
住所:諫早市本明町378-4
電話番号:0957-26-3797
ホームページ:https://www.hiramatsu.website/

ひらまつ斎場は町の小さな葬儀屋さんです。
大手の互助会などとは違い、斎場は一つだけ。

社員も10人未満の小さな会社ですが
地域に根付いた堅実な経営を行っています。

実は、ここが葬儀社選びの重要なポイント!

あなたは大手互助会のCMや、営業の方の言葉を鵜呑みにして
会員に入会してさえいれば
低価格で葬儀が出来ると思っていませんか?

私は既に身内を3人送っていますが
葬儀の金額は、大手の互助会が明らかに高い!

もちろん、どんなにお金が掛かっても
ホテル並みの設備とサービスを受けたいと考えていらっしゃる方は
大手互助会向きだと思いますので
メモリードさんをお勧めします。

大手互助会の葬儀費用が高くなる理由も
このあと、詳しく説明しますね!

ひらまつ斎場のお勧めポイント

・地元密着型の小さな葬儀屋
・低価格
・対応が丁寧、親切
・駐車場が広い
・事前相談がしやすい

地元密着型の小さな葬儀屋

ひらまつ斎場は、地域密着型の本当に小さな葬儀屋さんです。

もともとは、家族だけで経営されていたようですが
口コミで評判が広がり、依頼件数も増えているので
少しづつ従業員を増やされてきたようです。

従業員は少ないですが、
葬儀という仕事に誇りと責任を持って取り組んでいる
信頼できる従業員ばかりという印象。

他の葬儀社と比較して
従業員の入れ代わりが少ない。
というか、ほとんどありません。

余程、居心地が良いのだと思います。

これは、会社の雰囲気
葬儀場の雰囲気にも影響しますよね?

なかでも、大手互助会というのは
その多くが、ブライダルやその他の分野にまで手を広げているのが現状。

ブライダルなど、華やかな分野に憧れて入社したものの
配属先が葬儀だった。。という社員も多いのです。

当然、いやいや仕事をしている社員もいるわけです。

葬儀という仕事に携わっている以上
どの葬儀社の社員も、真剣に遺族と向き合っていると信じたいところですが
そうではないケースもあるということは理解しておいてください。

葬儀屋というのは、なかなか大変な仕事で
24時間営業が基本です。

夜中であろうと、お正月・お盆
台風や大雪であろうと、依頼があれば
すぐにお迎えに行かなければいけません。

休みも不定休なことが多く、
人の死に関する仕事ですから
体力的にも精神的にも、かなりハード。

通常、葬儀屋さんは従業員の入れ替わりが激しいのですが
ひらまつ斎場は違うと感じました。

なかには、ひらまつ斎場に就職したくて
チャンスを待っている人もいるみたいです。

斎場

小さな葬儀屋さんと言っても、斎場は2つに仕切られていますし
同じ日に2つの葬儀を行うことが可能です。

また、式場はホールと和室、2つのタイプがあります。

ホールは100名ほどが収容可能。
和室は50名ほどです。

和室だと正座になるから嫌!
という方は多いと思いますが。。

ご心配なく!

式場は畳ですが、畳の上に椅子を並べてあるので
足が悪くても、膝が痛くても大丈夫ですよ!

現在は、コロナウイルス感染対策の為、座席数を減らして対応しています。

感染対策

驚いたのは、徹底した感染対策です!

式場の出入り口には、消毒液・体温測定はもちろん
感染対策をモニターや電光掲示板に表示。

式場には、加湿器が幾つも設置されています。

会葬者の受付を
記帳を行う場所と、会葬品の受け渡し場所との2か所に分け
出来るだけ接触を避けるように工夫されていました。

通夜、葬儀が終了すると
その度に椅子やスリッパなどを消毒し拭きあげるという徹底ぶりです。

長崎県内でも、ひらまつ斎場ほどの
感染対策を行っている斎場はないと思います。

低価格

ひらまつ斎場の葬儀費用は
ホール・和室ともに4つのプランが設定されています。

ホール、約100名対応のプランで
54万円から、約10万円刻みで設定されていて
一番高いプランでも86.4万円

和室、50名対応のプランなら
37.8万円から用意されています。

しかも、この価格には
葬儀に必要な物のほとんどが組み込まれているんです!

もちろん、会葬者の数によって変動する
会葬品や礼状、香典返し、飲食費用は別になっていますが
葬儀に必要なものは、ほぼこの価格に含まれていると思って
間違いありません。

実は、互助会の料金設定って
細かく複雑に設定されていて
とにかく分かりにくい!

葬儀では、事前に数を把握できないことも多いので
追加料金が発生するのは仕方ないことなのですが。。

互助会の場合、わざと分かりにくくしているのでは?
と感じるほど、見積もりや費用の設定が複雑です。

大手互助会と比較すると、その違いは明らかですが
ひらまつ斎場の葬儀費用はパンフレットなどに
ハッキリと表記されているので安心!

ただし、消費税の関係などで
価格の見直しも行われていると思いますので
一度、事前相談で確認されることをお勧めします。

この金額でも、準備するのが厳しい場合や
生活保護を受けている場合は
状況を説明して相談してみて下さい。

状況に応じたアドバイスや、的確な提案をしてくれますよ!

実は…
ひらまつ斎場の葬儀費用を始めて知った時は、
とにかく驚きました!

こんなに低価格で大丈夫?と心配したくらいです。

何故?って…

他の葬儀社
(ここでは名前は伏せますが。。。)

大手互助会の一般的な葬儀費用を知っているからです。

私の場合、過去3回の身内の葬儀は
大手互助会に依頼しました。

とくに、長崎市内には個人経営の葬儀社がほぼ存在しません。

実際には、中心部から少し離れた地域には
個人の葬儀社もありはするのですが…

長崎市中心部が活動の拠点になっている場合、選択の余地がなく
互助会に依頼するしかない。。

長崎市内の葬儀屋は大きく3つ。
どれも互助会の葬儀社。

残念ですが。。どこに依頼しても、金額に大きな差はない。

というのが、正直なところです。

一般的な葬儀で軽く100万円は超えます。
130万~150万が当たり前。

家族葬でも、70~80万円は覚悟しておいて下さい。

対応が丁寧、親切

葬儀はサービス業ですし、
どの葬儀社もお客様への対応には、かなり気を使っています。

対応が悪い葬儀社のほうが少ないと思うのですが…

「ひらまつ斎場」に関しては
どの社員さんも、経験と知識が豊富ですし
事前相談から見積もり、式の流れの説明や、打ち合わせ
葬儀終了後のことまで、本当に丁寧に説明してくださいます。

あと、大きな葬儀社にありがちなのですが…
お願いしたことが、全体に伝わっていない…
何度も同じことを聞かれたり、お願いしたり。。
ということが「ひらまつ斎場」では、まずありません。

従業員が少ないということが大きな要因かもしれませんが
横の繋がり、連携がきっちり取れている証拠だと思います。

小さなことかもしれませんが…
葬儀を出すって、実はもの凄く大変なんです。

あまり時間がないなかで、沢山のことを決定しなければなりません。
会社や、親戚への連絡をはじめ
お参りに来る方の対応。
食事や、宿泊の準備。

とにかく忙しくて、時間がない。。

そういう時に、何度も同じ事を聞かれたり
スムーズに事が運ぶアドバイスを貰えなかったりすると
イライラがマックスに。。

だからこそ、それとなくアドバイスをくれる
経験豊富な従業員が、とても頼りになるんですよ!

また、葬儀は地域性がとても強く
地域によって、多くの慣習が存在しています。

寺院からの要望が多いのも、田舎ならではですが
これらの慣習や、寺院の要望も把握して対応してくれるので
安心して任せられます。

本当に心強い葬儀社です。

とくに、「ひらまつ斎場」の館長は年配の女性で
細かいことに良く気が付いて、声をかけてくれます。

これは、大きなポイントです。

葬儀についても、地域の慣習やお寺についても詳いので
的確なアドバイスを貰えること間違いなし!

お寺の紹介や、お布施などについても
親身になって相談にのってくれます。

困りごとや心配ごとがある方は
遠慮せずに相談してみることをお勧めします。

駐車場が広い


諫早市在住の方なら、お分かりだと思いますが
ひらまつ斎場は幹線道路沿いではありませんし
中心部からも離れていて、不便と思われるかもしれません。

周りは田んぼだらけ。。
かなり不利な立地条件です。

ただ、これを補う要素として
広い駐車スペースと、送迎車があります。
駐車場はかなりのスペースがありますから
まったく心配はいりませんし
車の運転が出来ない年配の方の為に
送迎車を出してくれるのも、大きなポイントです。

事前相談がしやすい


「葬儀は事前相談をしておいたほうが良い」
と良く聞きませんか?

実際、その時になって慌ててしまい
後悔する遺族は少なくありません。

やはり、事前相談はしたほうが良いのですが
ハードルが高いですよね?

事前相談で住所や電話番号を教えてしまうと
勧誘の電話が掛かってきたり…
あとあと、面倒くさくなりそう…

その気持ち、とても分かります!

でも「ひらまつ斎場」なら
そんな心配はいりません。

だって、互助会組織ではないから
入会を勧められることはない!

しつこい電話営業もない!

安心して相談できますよね~

互助会は葬儀費用が高い?


大手互助会と、個人で経営している小さな葬儀社
何故、これほど価格が違うのでしょうか?

一般的に大手の互助会は
沢山の葬儀会館を建設・保有しています。

この葬儀会館、葬儀式場を建設・維持していくためには
当然、人もお金も必要です。

基本的に、互助会の会員さんから葬儀の依頼があれば
断ることは出来ません。

忙しい時の為に従業員は多めに雇用し
出来るだけ多くの葬儀を執り行いたいので
各地に斎場をどんどん増やしています。

もちろん、宣伝広告費も膨大ですし
会員の勧誘にも多くの費用が掛かっています。

そして、その必要経費は
当然、葬儀費用に上乗せされますよね?

この仕組みを理解すると
大手互助会に入会するのも、葬儀を依頼するのも
馬鹿らしく感じるかもしれません。

一方で、【ひらまつ斎場】など
個人で経営している小さな葬儀社は
CMなど広告宣伝に多額の費用を掛けられません。

だから、葬儀を依頼する方のほとんどがリピーター。

もしくは、紹介なんです。

実際、「ひらまつ斎場」で葬儀を行った方から
他の斎場で葬儀は出来ない!という声を良く聞きます。

やはり、金額が一番大きな理由だと思いますが
宣伝広告に無駄な経費をかけない葬儀社にとって
口コミや評判が頼り!

そうなうると当然、ひとつひとつの式
故人さまやご遺族、つまりはお客様を大切にしていくしかありません。

口コミと評判が命綱なのです。

宣伝広告に費用をかけず
出来るだけ、お客様の費用の負担を減らす。

利用する側にとっては、とても優しいこのシステム。
宣伝広告だけではないようです。

葬儀に関わらず
ほとんどの業界では下請け業者に商品を発注する際に
中抜きが行われていますよね?

葬儀業界も同様です。

葬儀には供花や会葬品、食事など
いろんな業者が葬儀に関わっています。

大手互助会を例に出してみますね!

例えば、お客様が遺族に¥10000の生花スタンドを送るとします。

依頼を受けた葬儀社は、提携する花屋に発注するのですが
その裏で、2割~3割のキックバックをする契約をしているので
実際に送られる花は¥8000~¥7000のもの。

お花屋さんは、この金額から更に儲けを出さないといけないので
「供花」自体がとても貧祖になってしまいます。

おまけに、最近ではこれがますます酷くなり
遺族あてに送られた花なのに、葬儀社が回収し
使いまわすという手法が蔓延しているようです。

自分がお金を出してお供えした
生花スタンドのお花を取って
棺に入れようとしたら怒られた。。
などという口コミも目にします。

これは、大手互助会では良くあること
普通のことだと思ってください。

ただし、ひらまつ斎場では
こういうことは一切ありません。

なぜなら。。
関係する業者から、一切中間マージンを取っていないというんです!

この話しを聞いた時には、とにかく驚きました。

中間マージンは、取って当たり前という感覚でしたから。。

花屋さんにしろ、会葬品にしろ、食事処にしろ
中間マージンを取らず、その分、お客様に還元する。

関係する業者を苦しめるようなことはせず
一緒に頑張っていくという経営方針だと理解しています。

業者を出来るだけ安く買いたたき
自分の会社に多くの利益を出そうとする
大手互助会を知っているだけに
お客様目線に立った方針に脱帽です。

こういう堅実な経営方針で頑張っていると
関わっている業者も、協力したり
応援してくれるようになるんですよね~

当然のことだと思います。

これから先、大きな葬儀や
お金をかける葬儀はどんどん少なくなっていくはずです。

消費者もどんどん賢くなっています。

どんな葬儀社が残っていくのか?
もう、答えは出ている気がするのですが。。

あなたはどう思いますか?

ひらまつ斎場の残念ポイント

私が激押しする「ひらまつ斎場」ですが
もちろん、残念なところもあるのです。

・控室にトイレがない
・1日の件数

控室にトイレがない

一番、残念なのは控室にお手洗いがないことです。

洗面、台所、お風呂など十分な設備は整っているのですが。。
トイレだけがないのです。

トイレは、会館内の1か所にまとめて作られています。
男性用、女性用、どちらも十分な大きさで清潔に保たれています。
身障者用もあります。

すぐ近くではあるのですが
一旦、控室や式場から出なくてはいけないので
面倒に感じる人がいるかもしれません。

1日の件数

ひらまつ斎場は、専用の斎場が1つだけ。
式場は2つに分かれているので
同日に2件の葬儀を行うことが出来ます。

しかし、どちらも先約が入っていた場合は
待つか、諦めて他の葬儀社に依頼するか。。
という選択になります。

菩提寺で葬儀を行える場合は、
場所だけ利用し、準備などは
ひらまつ斎場に依頼することが可能。

他に、地元の公民館などを利用することも可能です。

ただ、どうしてもすぐに葬儀を行いたい
日程を延期出来ない
故人を自宅に連れて帰れないなど
状況が許さない場合は
他の斎場を利用せざるを得ないこともあります。

私が感じた、ひらまつ斎場の残念ポイントは
一生懸命考えても、これくらいしか思い当たりません。

まとめ

今回は、長崎県諫早市にある
私の激押し斎場「ひらまつ斎場」についてまとめました。

しかし、良いと感じるか
自分には合わないと感じるか。。

そこは人それぞれ!

実際に行って、自分の目で確認して、話しをするのは
とても大切なことです。

とくに、お葬式というのは突然やってきます。
そのうちに。。と思っていると
「しまった!もっと早く考えておくべきだった!」と
後悔することになります。

お通夜や葬儀に参列することがあれば
そこで、良く気をつけて見ておいてください。

そして、気になることは
斎場のスタッフに声をかけて、聞いてみることも大事です。

高齢の身内を抱えているなら
早めに事前相談をして
葬儀に掛かる費用や、準備しておくべきことを確認する。

これは、とても重要ですよ!

参考にして貰えると嬉しいです。
最後までご覧頂き、ありがとうございました。